お問い合わせ

ask
技工指示書 弊社フォーマット技工指示書

再製作について

弊社では、歯科医院様との無駄の無いスムーズな納品を目標として、誠に勝手ながら再製作の規定を以下のようにさせて頂いております。

ご送付された印象や石膏模型などに疑問点があった場合、速やかに回答が頂けるよう、撮影した被疑個所の画像をEメールで送付し、それを元に電話などで打合せを行い頂けるよう推奨しております。

再製作の場合の処置対応条件は以下の通りと致します。ご了承を頂きたく存じます。
1)歯科医院様からの指示書上での指示内容の不足、印象不良・バイト不良・模型不良・技工物製作のためのクリアランス不足等、こちらから指摘ご提案させて頂き、歯科医院様の事情でそのまま製作指示を出された場合は、再製作料を戴きたくお願いいたします。
2)納入日から1年を経過した製品の再製作はご料金申し請けいたします。
3)他社製作の技工物の修理につきましては、「修理基本料」申し請けいたします。

シェードテイクについて

高演色蛍光灯下で撮影が最適です。チェアライトは必ず消灯してください。
(太陽光が強く入る場所等は色調がわかりにくくなるため不適です。)
治療開始前(歯が水分を含んだ状態)が最適です。
ベース色に一番近いと思われるシェードガイドを隣在歯・切端側・歯肉上(3パターン)に置いた状態で撮影をお願い致します。
(フラッシュの反射による白浮きにお気をつけください)
歯が乾いて白濁してきた場合は、患者様に口を閉じてうがい等で水分を含んでいただき、数分おいてから撮影願います。